2020年のおわりに


先日、占いが趣味という方が私の生年月日を見てくださいました。

なんでも、私にとって今年は'良い年'だったそうです。

良い年??

果たして、この2020年を良い年だったと言える人がいるのでしょうか、、、?


一昨年BELLADESSO がスタートして、SNSを通して知り合った方々と、いろんな形で少しづつお目にかかる機会を作ってきました。

私がそういった'場'を作ることに拘ってきたのは、オシャレをして楽しむことは女性を元気に前向きにする、と信じているからなのです。

そのためには、出かけていく'場'が必要です。


そんない思いの中で、昨年の11月には初めて40人規模のBELLADESSO のミニショー付きのランチ会を開催しました。

皆さん、オシャレをなさって、初めて出会う方々ともおしゃべりをして、とっても楽しんで下さいました。

それは私にとっては描いていたことが形になりはじめたことを実感したイベントでもありました。

そして今年もそんなイベントをいくつも予定していたのですが、、、。

残念ながらひとつも開催することが叶いませんでした。


「会おうか〜」

そんな軽い一言すら憚られる窮屈さ。

会いたいと思うときに、自由に会えないことのもどかしさ。

'オシャレをして出かける場'

それ以前に、ただただ誰かと会って、喋る、笑う、ということの素晴らしさを思い知らされた一年でした。

それがままならなかったのですから、決して良い年だったとは言えるはずもなく。

しかし一方で、それでも'良い年'であったことにすべく

'良いことと言ってもいいコト'

を拾い集めてみると。


こんな大変な年ではあったけれど、

大病に見舞われることなく過ごすことが出来た。

ちょっぴり寂しいけど、娘が立派に巣立ってくれた。

新しい会社とBELLADESSOをスタートすることが出来た。

緊急事態宣言の時、多くのブランドが放映の出来ない中、BELLADESSO は予定通り放映が出来た。

出かける機会が減った中でも、たくさんの方がBELLADESSO を応援してくださった。

そして、実際に会うことは叶わなくても互いを心配し合い、思い合ったり、SNSを通して多くの人と交流を続けることも出来ました。

今のこの状況の中で、何もかもがダメになってしまったわけではないことを思うと、良い年とまではいかなくても、やはり感謝をしなければいけない1年だったように思います。


さぁ、来年はどうでしょう?

今年の暮れは、きっと世界中の人が同じことを願うことでしょう。

ただただ、以前のような日常が一日も早く戻りますように、と。

焦らず、今はまだ自分が出来ることを粛々と。

その先に再会や新たな出会いがあることを信じて。


2020年も本当にありがとうございました!

皆様、どうぞ良いお年を迎え下さいませ〜。



160回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示