ゆるやかに老いる



少し前のこと。

ある年上の男性に言われた言葉。

「ゆるやか〜に老いていって。」(関西弁)


拙書「見た目はすぐに変えられる」に書いたように、取り敢えず手っ取り早く'取り繕う派'のワタクシは、まったく美容に熱心ではないのです。

しかし、一昨年56歳の誕生日から始めたInstagramを見ると同世代の女性の美意識の高さに驚かされる。

BELLADESSOというアウターブランドをプロデュースしていることで、テレビという公の場に出ることもあるワタクシ。

これではイカン!のではないか??

ましてや、写真なんてものはスマホに疎いワタシですら、ライティングを調整するくらいの加工は簡単に出来る。

実体とのギャップがコワイ、、、。

年齢に抗うつもりはもとよりないけれど、それでもせめてそのギャップを埋めるべくもう少し真剣に、

例えばエステに行くとか?

先を見越して今やれる手を打つべきなのか??

と、話していたときに言われたのが先の一言なのです。


話はガラリと変わり、この緊急事態におけるお篭り生活。

気になる本をまとめてAmazonで購入したものの、あっという間に読んでしまい。

何か読める本はないかと娘に聞いたところ、

「ハリーポッターあるよ」

幼かった娘が大好きで本もDVDも買ってあげたのは、このハハ。

DVDは観たけれど本は読んではおらず、あまり興味はそそられず、、、。

しかしながら、

「世界中で読まれてる本なんだよ!」

という娘の一言がミョーに説得力があり、しぶしぶ読むことに。

読み始めるとヒマに明かして約1週間で全巻制覇。

今度は原作と照らし合わせたくなって、改めてDVDを観て'一人ハリーポッター祭り'は終了。


その直後のことでした。

たまたま録画していた映画「天使にラブソングを」観たのです。

もちろんタイトルは知ってはいたものの、観たことはなく。

すると、なんとそこには映画の「ハリーポッター」でマクゴナル先生役をしていたマギースミスが出ているのではないですか。


1992年に撮られたこの映画。

ここでも修道女のリーダー的な威厳のある役柄。

すでに58歳のマギーにはマクゴナル先生を彷彿とさせるシワが口元や目元にも。

その後のハリーポッターの第1作が2001年。

最終話は2011年。

徐々にそのシワは増え、近年、日本でも人気の'ダウントン アビー'の最終話では、なんと85歳。

しかし、どの彼女も凛とした姿とカッコよさは変わらない。


改めて調べて観ると、アカデミー賞も受賞している60年代。

当時の彼女はそれはそれは美しい美人女優さん。

今では女優としてのキャリアは半世紀を超える。

しかしながら、海外でも日本でも、アノテコノテで不自然に若さを保とうとする女優が多くいる中で、彼女の顔からはそのような人工感がまったくない。


年齢を重ねること。

顔にシワを刻むこと。

ひいては老いるということを、あるがままに受け入れているように見えるのは、年相応の役柄をこなしていく女優としての覚悟と自信なのか。

そして、それを証明したかのような華々しいキャリア。

間違いなく80歳を超えた今も彼女は美しく輝いている。


そんな彼女を見たときに、思い出したのが先の

「ゆるやかに老いる」という言葉。

もっともその'ゆるやか'のためには、もうちょっと何かする必要があるのかは分からない。

女性にとっては、そのあたりの塩梅が悩ましいことではあるけれど。

それでも、

「諦め」でもなく、「抗う」でもなく。

「気持ちよくゆるやかに老いていく」くらいを目標にすると、ちょっと気持ちが楽になる。

「うん、やっぱりそれがいいなぁ」と、マクゴナル先生のシワを見て思った夜なのでした。















291回の閲覧

© 2023 by Yuko Yamaguchi. Proudly created with Wix.com

  • Facebook
  • Instagram